「ふたりはともだち(がまくんとかえるくん)」からの、愛の考察

  • 2018.10.24 Wednesday
  • 14:55

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:リラクゼーション

JUGEMテーマ:愛の言葉

(画像お借りしました)

娘が何年か前に、宿題で音読してくれた物語。

「ふたりはともだち『おてがみ』」

がまくんとかえるくん公式オンラインショップ

Amazon

 

このお話、教科書に載っていたこともあって、

このブログの読者の方も、ご存じの方多いでしょうか?

とっても心が温かくなるお話^^*

 

私も、この「がまくん」タイプだなーと、つくづく思います。笑

人を集めるのが苦手ですし、

人を誘うのも苦手(断られるのがイヤだから)、

それについて、コンプレックスもずっと持っていました。

ずっとひとりで、寂しい思いを、この「がまくん」みたいにしてきました(;´Д`)

 

だけども、あるときから「ないもの」を、あえて数えなくなったんです。

今、自分の目の前にある、小さな優しさや愛を、感じていくように意識していったのね。

 

そしたら、もう今の自分には、

愛に依るものしかないことに気がついて。

 

先日書いた、強度近視で授業中に嫌な思いをしたこともね、

自分がみんなと違うのなんて、当たり前)

あれを書いた後、

「もしかしたらあのときの音楽の先生は、『こんなに大きな字も読めないなんて、この子はどうしたのだろう?大丈夫かいな?』と思って、私に状況を(真相を)尋ねただけだったのかも知れない」と、思いました。

 

けども私は「何かできないことがある=責められる」と、いつもどこかで思っている節があり、

先生の言葉も「責め」にしか聞こえなかった、感じられなかったのかも知れないんだよね。

 

どれもこれも、もしかしたら・・・だけど、愛に依るものかも知れないんだよ。

 

愛によるもの、と決めるのがまだ少し疑問ならば「仮定」でもいーんだよ。

もしかしたら、それは愛に基づく行為、言葉。

だったのかも知れません。

 

もちろん、すべてがそうとは、言わないよ。

酷いことをされたり、言われたり、生きていれば色々、あるもんね。

 

でもね、その「嫌な経験」も、あなたをそこから、もっとあなたが望むところへ、導き出すためのヒントなのかも知れません。

 

 

* * *

私も、嫌なことや寂しいこと、今も時々は遭遇します。

 

だけどね、それでも自分は、愛によって生きられていることを思い出して。

感謝の気持ちが自然と湧き出たならば、またそこから元気出して。

一歩ずつ、前に進んでいっている。って感じ(^-^)ノ

 

「きっと何か、これにも意味があるんだろうな〜」ぐらいに考えてさ。

でもまぁ、そんなに深くは、考えないよ笑

考えてもわからないもん(;'∀')

 

わからないもんはわからないで、置いておく。

んで、自分が今、できることを精一杯やる。

 

人生なんてもう、単純にその繰り返し。

 

それで、そんな中で日々、また新たな「愛」に気がついて、新たな愛に包まれていることを知って、また感動と感謝の涙を流しながら、生きていくのよ〜。

 

* * *

先日、お引越ししていったママ&お友達が居てね、

最後の日に、会いに行ったのね。

そこで、ママとふたりで話しているうちに、寂しくて泣いてしまった;o;

彼女も笑ってさよならしようと思っていたようだけど、私が泣いたので、つられて泣いてた。笑

だけど、寂しさを素直に表明できてよかった、って思った。

 

「離れても思ってるから・・・」と、伝えたいことも伝えられたし、

彼女からも私ともっと、話したかった、アロマも受けに行きたかったと言ってもらえて、とても嬉しかった^^

 

いつかまた、こっちに戻ってくることがあれば、是非また船橋に、帰っておいで。

いつでも大歓迎で待ってるからー!と、そのまま伝えられました^-^

 

 

大人になると、照れくささとか、「まぁいっか〜」みたいなのが邪魔して、素直に気持ちを表現できないことが、多い気がするのよね。

 

なんでもないフリをしたり。

気にしているのに、気にかけているのに、そう伝えられずに居たりね。

 

恥ずかしいというか、クールに過ごすのがいいと思ってる人も、多かったりするよね。

 

だけど、私は「こうしたい」「こう思ってる」ことは、相手が誰であろうと、恥ずかしいとか照れとか超えて、伝えていきたいな。って思ってるし、それを行動に段々と年々、移せるようになってきた。

 

だからコンプレックスどころじゃ、なくなってきたの。

劣等感感じているうちは、自分のことしか、考えていなかったんだ〜。

 

だんだんと「こう伝えたら、きっと相手も嬉しいはず。安心するはず」と考えて、導き出した結果が「伝えたほうが良い」ことなら、ちょっと照れくさくても伝えるよ^^

 

穏やかに暮らせている今、とても幸せ♥

だけど、そのなかでの感情の変化。

それを大事にしていきたいなと思っています。

 

それが「ダイナミック」だったり「ドラマティック」なこと。

な気がしています。

 

何か大きな出来事、イベント事、とか、そういうのだけじゃなくてね。

大きな出来事やイベントも、それはそれで素敵なことだけどね^^

 

心の中の激動、激情・・・いえ、激しくなくて、いいんです。

激しくなくても、「あなたを(大切に)想っていますよ」という気持ちのなかで、

泣いたり笑ったり、いろんな愛を感じながら、生きて行く。

 

それこそがドラマティックなことだよね。

 

ではでは、また〜・・・!

 

 

iPhoneImage.png

☆…☆…☆…☆…

ホームサロンシュシュ

セラピスト 田村さくら

千葉県船橋市湊町2-8-11-1006

https://www.chouchou.party/

 

フェイシャル、
ボディアロマトリートメント、
アロマクラフトワークショップを、
自宅のプライベートサロンにて提供させて頂いております。

 

営業時間:10時〜16時

☆最新ご予約可能日&サロンのメニュー☆

 

ご予約お問い合わせはこちらのご予約フォームから

または   

Email:chouchou.sakura@gmail.com

☆…☆…☆…☆…

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM