自分がみんなと違うのなんて、当たり前

  • 2018.10.18 Thursday
  • 14:03

JUGEMテーマ:居場所づくり

JUGEMテーマ:おうちサロン

JUGEMテーマ:リラクゼーション

JUGEMテーマ:愛の言葉

おチビがおいも堀りに行ってきた時のサツマイモで、スイートポテトを作ったよ。

美味しかった〜また作ろ。

 

 

今日はアロマ焚いて、のんびりおうちで過ごしております。

 

 

* * *

朝、娘が「ママは目が茶色でいいなー」と羨ましがっていましたが、

へーそうなんだー。と、なんだか不思議な気持ちに。

 

小学生の頃の記憶が30年ぶりくらいに蘇ってきたの。

私は視力が低く、コンタクトの度数で言うところの-8.5ぐらいです。

メガネ作るときも、あまり度数あげると目が小さくなり過ぎて違和感なので、

せいぜい0.5見えるくらいでしか、作れない。

 

正確な今の視力はわからないけど、

小学校低学年までは、1.0あったのが、急激に低下し、

5、6年生の頃は後ろの席だと黒板の字は全く見えず。

 

ある時、授業中先生から「黒板の詩を読んで」と言われたのですが、

「みえません」といったところ、クラス中ザワザワ。

先生まで「なんで見えないの?」と、責める様子で辛かった(;´Д`)

その先生だって眼鏡かけていたので、視力が低い人の気持ちはわかるはずなのにねー。

 

その頃から私は、自分の目について、

「視力がどんどん落ちるから、悪い目なんだ」と、自身の目のことはホントにイヤで仕方ありませんでした。

大きな瞳だったので、それもよくからかわれたし、その上強度近視。

 

でもね、中学校に上がった頃から、メガネ人口は途端に増えて、

私自身もさすがに見えなさ過ぎてメガネをかけるようになり。

 

高校生の終わり頃からは、コンタクトもつけるようになって、

目について褒めてくれる人が、とても多くなりました。

 

大人になってからも視力は低下し続け、

上の娘を妊娠中の10年以上前に、

「あなたは眼球の形がフットボール型で、

奥に対して大きいので網膜が薄くなりやすい」と言われたと同時に

網膜剥離裂孔と診断され、網膜剥離になる一歩手前でレーザー手術してもらい、現在まで無事に過ごしています。

(ほんと、医療有難い・・!)

 

眼球の形からして、物理的に強度近視になりやすいということが判明し、

それからは定期的に眼底検査をし、網膜剥離が起きていないかを確認してもらっています。

 

(が、最近は検査していないので、また眼底検査してもらわなくちゃ)

 

で、何が言いたかったかというと笑、

 

自分が人と違っているなんて、当たり前だよ!っつー話ですよ♥

 

視力が低いことで黒板がみえず、でもその程度のことでクラス中がざわめいたこと()

今でも「なんか変なの。じゃ、目が完全に見えなかったら、もっと大騒ぎってこと?」なのよね。

 

目がみえなかろうが手足がなかろうが、

なにか病気もっていようが、そんなの別に、驚くことじゃない。

「その人は、そういう人なんだね」それで終わり。

 

髪が茶色い人もいれば、黒髪もいるし、金髪も居る。

日本人でもピーチスキンの超肌白い人も居れば、浅黒い人もいて、色々。

瞳の色も千差万別。

 

なんでもいーのに、それを「自分は人と違う」とか「あいつは自分とは違う」とか、

どうでもいーよね。苦笑

 

違いがあるから楽しいのに。

「みんなそれぞれ」があるなかで「私はこれがスキ」「あなたがすき」って、愛を感じあって生きていけるから、嬉しいのに^^

 

まぁ、これも大人になってからの感覚だわって思うけど、

小さな頃に居た世界はとても狭くて、ちょっと人と違うことを大騒ぎされて、面倒くさかったなー(棒)

生きづらかったなーって思い出したのでした。

 

もうそんな過去の出来事も「そんなこともあったなぁ」ぐらいで、

今の私の周りには、何か人の持っているもの(思想、思考、職業、学歴、身体的特徴、恋愛&性愛的趣向など)について、いちいち批評したりひどく驚く人も居ないから、過ごしやすいんだなぁ〜と。

 

iPhoneImage.png

今では自分の目は、目の色も視力もすべて、「私はこれでいいし、これがいいんだな〜♡(。・ω・。)ノ♡」ぐらいに思っていますよ♪

視力低くても見えなくても、生きてられるし、

なんだっていーよね。

みんなからの助けを借りながら、生きていければいいのだよね。

 

私もそうだし、あなたもそうなんですよ♡

 

ではでは〜!

 

 

iPhoneImage.png

☆…☆…☆…☆…

ホームサロンシュシュ

セラピスト 田村さくら

千葉県船橋市湊町2-8-11-1006

https://www.chouchou.party/

 

フェイシャル、
ボディアロマトリートメント、
アロマクラフトワークショップを、
自宅のプライベートサロンにて提供させて頂いております。

 

営業時間:10時〜16時

☆最新ご予約可能日&サロンのメニュー☆

 

ご予約お問い合わせはこちらのご予約フォームから

または       

Email:chouchou.sakura@gmail.com

☆…☆…☆…☆…

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM